まだ見ぬFull Depth=最深部を目指して。

  地球の表面の約70%を占める海、その殆どが、水深が200mを超える「深海」です。深海には一体何があるのでしょうか。地上とは全く違う、過酷な環境で暮らす想像もつかない生物たち、冒険心をくすぐる沈没船や財宝、そして漆黒の闇に包まれた海溝や海淵。地球最後の秘境と言われる深海の全てをこの目で確かめたい、そんな想いからFull Depth=最深部と名付け、会社を設立しました。

海を知ることは、地球を知ること。

  海は地上のあらゆる事象と密接に関係しています。気候や地殻変動の研究を行い、減災に役立てたり、海底資源の開発やインフラの整備によって、人々の暮らしをより豊かにしたり。そして、地球に生きるものの永遠のテーマである未知の探求。様々な目的のために海は調査されていますが、現在の海洋調査の手段では、機材や調査船など、大かがりで莫大なコストが必要となるため非常に限られたケースでしか利用することができません。また、一部ではダイバーや潜水士がその身を危険に晒しながら、私たちの暮らしを支える洋上構造物の建設やインフラの整備を行っている実態があります。そんな現状を変えるべく、私たちはテクノロジーを通じて「もっと手軽」に「より安全」に海洋調査を行える仕組みを提供して参ります。そして、海洋調査の裾野を広げることで、地球上に生きる全ての人々が「地球についてもっと深く知る」機会を提供していきます。

いつの日か、お茶の間から気軽に深海旅行ができることを願って。

株式会社FullDepth
代表取締役 伊藤 昌平