2022.03.29INFORMATION

FullDepth とゲイト、クリ“ミエ”イティブ実証サポート事業で水中ドローンに高圧洗浄機を搭載し定置網の清掃に成功

自社開発の産業用水中ドローン「DiveUnit300」を軸に日常使いできる水中アクセス手段の提供をする筑波大学発のスタートアップ、株式会社FullDepth(フルデプス・代表取締役社長: 伊藤 昌平、以下「当社」)と株式会社ゲイト(代表取締役:五月女 圭一、以下「ゲイ ト」)は、三重県のクリ“ミエ”イティブ実証サポート事業「水中モビリティの新たなユースケース開発」で連携し、水中ドローンに搭載した高圧洗浄機で水中に設置された定置網の付着物の除去に成功しました。

■本実証実験内容と今後の展開
「水中モビリティの新たなユースケース開発」 従来の定置網の清掃は、陸上に網を引き上げて散水ホースで付着物を除去し再度設置していた ため、人的な労力がかかっていましたが、今回の実証実験で網の引き上げや再設置を行わず、 水中に設置したままの状態で水中ドローン「DiveUnit300」に搭載した高圧洗浄機で網の清掃 を実施し成功しました。引き続き、操作性を高めるための技術開発を行い、手軽に水中部の清 掃ができる様、製品化を目指してまいります。