2022.07.06INFORMATION

九州電力様「九電ドローンサービス」提供開始のお知らせ

当社の産業用水中ドローン「DiveUnit300」のユーザー 九州電力様のプレスリリースをご紹介します。

---------

2022年7月5日
九州電力株式会社

「九電ドローンサービス」のメニューに水中ドローンサービス等を追加します
-3つの新サービスを九州全域で提供開始-

 当社は、「九電ドローンサービス」のオプションメニューとして「水中ドローンサービス」「LIVE配信サービス」、ならびに「防災サービス」の受付を本日から開始し、九州全域でサービス提供します。

 「水中ドローンサービス」は、海底ケーブルや管路のような水中設備等の撮影、調査、点検を行うもので、業務の高度化・効率化に加え、これまでダイバーの潜水にかかっていたコストの削減や事故リスクの解消が期待できます。

 「LIVE配信サービス」は、お祭り、花火大会等の地域イベントやスポーツ大会、学校行事等の模様を、地上の固定カメラや360度カメラによる撮影、上空からのドローン撮影により、様々な角度からリアルタイムで配信(生中継)するもので、機材や配信システムの設営等の事前準備から配信後の映像編集まで対応します。

 「防災サービス」は、主に国・自治体を対象として、災害発生時に被災地の状況等を空撮・測量するなど、お客さまの非常災害時のニーズに応じて提供するものです。なお、災害時のドローンによる対応内容等については、お客さまとの事前協議により決定し、協定書等を締結した上で対応します。

 当社は、「ドローンでお客さまの未来をカタチに」をスローガンに、九電ドローンサービスを通じて九電グループ経営ビジョン2030で掲げる「九州から未来を創る九電グループ」の実現を目指してまいります。