Img
Img

中央開発株式会社様が
DiveUnit300の操作トレーニングを体験

ゲーム感覚で操作できる水中ドローンに可能性を見る

FullDepthでは、お客様が安心してお使いいただけるようにDiveUnit300の操作トレーニング(オペレーションレクチャー)の機会を設けています。今回は、中央開発株式会社の常務執行役員、山口弘志氏に参加いただきました。

Img

山口氏に、DiveUnit300に興味を持たれたきっかけを伺うと「当社では海中の地質調査やボーリングを行っているが、まずポイントの状況を詳しく知りたい。また、アンカーを打った着底部分の写真を撮って発注者と安全確認も共有したい。
それが可能になると確信して購入した」との回答をいただきました。

Img

FullDepth東京オフィス内の特設プールで実際に操作された後は、「ゲーム機のような感覚で使えるのがいい。インストラクターの説明もわかりやすく、カンタンに操作できるようになった。
本格的な運用はこれからだが、さらに練習を重ねれば深い海でも使いこなせるようになると思う」との感想をいただきました。また、実機を体験したことでさらなる可能性を感じられたようで「現在は海底の活断層の調査や下水道のパイプのメンテナンスなど、水中に関して幅広い事業を展開しているが、人間が先頭に立って状況確認していることに安全面で不安を感じることがある。そういった点にも幅広く活用していけたらいいと思っている」
という新たなビジョンも明かしてくださいました。

中央開発株式会社様
道路・鉄道・河川・ダム・上下水道・港湾・発電などに関する地質調査や土木設計計画を展開。またこれらの実績をもとに、大規模災害調査や地域の防災・減災対策、施設の性能点検や長寿命化、環境の保全・持続可能な利用対策などにも貢献。人と社会の安心・安全と発展のために技術を磨き、発揮している。