Img

FullDepth UserVoice Vol. 1

株式会社ニチゾウテック様

株式会社ニチゾウテック様

ダムや水力発電事業に関わる構造物の観察に活用
株式会社ニチゾウテック様がDiveUnit300を採用した理由

工業用プラントなどの保守・点検を展開している株式会社ニチゾウテック様では数年前からDiveUnit300をご利用いただいています。その理由を技術コンサルティング事業本部 診断技術部 課長代理の瓦谷 道氏に語っていただきました。

ダムの点検に携わっている瓦谷氏によると「水中のコンクリートの状況や水力発電事業に関わる鉄製の構造物の観察のために、他社の水中ロボットを使用していたが、“大きくて重い”“機動力がない”といった問題点を感じていた」ことがきっかけとのこと。これらを解消するために、また、より鮮明な水中画像を得るためにDiveUnit300を選んだそうです。
「水中ロボットは機体が大きく、発電機も必要。運搬には、大型のクルマが必須で、またクルマが水際まで近づけない現場もあったのでたいへんだった」とそれまでの苦労を教えてくださいました。

DiveUnit300には「とてもコンパクトで機体も軽い。バッテリーで駆動するので発電機もいらない。小型のクルマでスマートに運搬できるので、その点ですごく助かっている」と、高評価をいただきました。
現在では、年間約6~7箇所の現場で活用しているとのこと。
「画質も以前より向上していて満足のいく結果が得られている。もうすこしキレイに映ると申し分ないが、そこは今後の課題に・・・」と、これからの弊社の技術開発への期待も寄せてくださいました。

株式会社ニチゾウテック
化学プラント設備全体の建設や関連機器・装置の設計・施工、各種生産設備・機械の新設・改造・FA化などの「エンジニアリング事業」。さまざまな構造物・設備を対象に各種非破壊検査・計測等を通してトータルケアを提供する「技術コンサルティング事業」。工場設備や各種産業機械の点検・整備、公共施設を安全に稼動させる保守管理を提供する「メンテナンス事業」。これら3事業を連携させたバリューチェーン(価値連鎖)を形成することで広く社会に技術サービスを提供している。