産業用水中ドローン DiveUnit300が国交省のNETIS(新技術情報提供システム)「VR」に登録されました

産業用水中ドローン
DiveUnit 300は

海や川や湖は、人の活動が著しく制限される場所。それだけに困難な作業や多大なコスト、ダイバーには危険と隣合わせの業務が伴います。

DiveUnit300は、機動力や耐久性、利便性などにおいて徹底的に追求した産業用クオリティで、浅場から危険な場所、深海まで潜り、水中の映像や水温・水質をはじめ、さまざまな情報を取得します。

また、潮流下でも思い通りに操作が可能なホバリング機能や、機体を上下方向に角度調整し撮影範囲を拡大できるボディピッチコントロール、水中が濁っていても対象物の状況を把握可能なマルチビームソナーなど充実の機能が搭載可能です。国産メーカーならではのアフターサポートも万全で、水中のプロたちの仕事を、“潜るパートナー”DiveUnit300が強力にバックアップします。

PRODUCTS製品情報

産業用水中ドローン DiveUnit 300

ダイブユニット300 シンプルでコンパクトな本体・セントラルユニット(PC、通信機器など)・デザーユニット(ケーブル)の3点セット。ケーブルが取り外しできるので簡単に持ち運びが可能。

FEATURE3つの特徴

水中ドローンのデモンストレーション

社内にプールを完備

DEMONSTRATION技術的なご相談・デモンストレーション

初めてご利用の際は、当社のフィールドエンジニアが現地に同行し導入サポート
いたします。東京オフィス内の特設プールにて、操作の事前練習を行うことも可能です。

NEWSお知らせ

USE CASES活用場面

ダムや橋梁などのインフラ構造物点検 / 洋上風力発電の水中点検 / 深海調査(水族館)/ 水産業への水中ドローン活用のための人材育成(学校)